受賞履歴

2020.11.06

山口正剛研究主幹らが「軽金属学会 令和2年度軽金属論文賞」を受賞しました。

システム計算科学センター・シミュレーション技術開発室の山口正剛研究主幹は、富山大学の松田健二教授らのグループと共に、「日本軽金属学会 令和2年度軽金属論文賞」を受賞しました。表彰は令和2年11月6日にオンラインで行われた日本軽金属学会秋期季大会で行われました。

この賞は、日本金属学会の欧文誌である Material Transaction 誌に掲載された論文の中から毎年、最もすぐれた学術的業績と認められた論文に授与される賞です。本論文では、航空機などで使われる高強度アルミ合金の強化のもとになっている、合金元素の析出物が材料中でどのような場所にどのような状態で析出しているかを解明したもので、山口研究主幹が行った第一原理計算によって得られた知見がその解明に寄与しました。

対象となった研究は「人形峠ウラン鉱山周辺のコア試料分析に基づく、粘土鉱物への吸着反応によるラジウムの固定 (原題は下記)」です。ラジウムはウランやトリウム等から放射壊変により生成する放射性元素ですが、その性質や環境中での挙動はまだ解明されていません。今回の研究では、天然試料を使い、ラジウムが天然環境中で粘土鉱物により固定されることを示しました。

【受賞業績】
“Effect of copper addition on precipitation behavior near grain boundary in Al-Zn-Mg alloy”, Kenji Matsuda, Toru Yasumoto, Artenis Bendo, Taiki Tsuchiya, Seungwon Lee, Katsuhiko Nishimura, Norio Nunomura, Calin D. Marioara, Adrian Levik, Randi Holmestad, Hiroyuki Toda, Masatake Yamaguchi, Ken-ichi Ikeda, Tomoyuki Homma, Susumu Ikeno, Materials Transactions, 60(8), p.1688 – 1696 (2019).

  • 賞状

表彰機関:軽金属学会

表彰名 :令和2年度軽金属論文賞

表彰件名:Effect of Copper Addition on Precipitation Behavior near Grain Boundary in Al–Zn–Mg Alloy

受賞者 :松田 健二、安元 透、Artenis Bendo、土屋 大樹、Seungwon Lee、西村 克彦、布村 紀男、Calin D. Marioara、Adrian Lervik、Randi Holmestad、戸田 裕之、山口 正剛、池田 賢一、本間 智之、池野 進