空白

English >>  原子力機構HP >>  所在地・地図 >>  お問い合わせ >>

会議案内

第21回CCSEワークショップ「原子力耐震計算科学による可能性」開催

これまでに開催されたCCSEワークショップ 


【概要】

開催日:

平成22年1月25日(月)

場所:

システム計算科学センター(上野)

主催:

(独)日本原子力研究開発機構・システム計算科学センター

共催:

(独)科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)「原子力発電プラントの地震耐力予測シミュレーション」研究チーム
(社)日本原子力学会・計算科学技術部会

協賛:

日本計算力学連合

原子力施設の耐震健全性を評価するシミュレーション技術の最新動向について、第21回CCSE(システム計算科学センター)ワークショップを開催し、成果報告と情報交換を行いました。

本ワークショップは二部構成となっており(プログラム参照)、第一部では、耐震健全性評価シミュレーションによる損傷評価の現状や耐震計算科学研究の将来像について有識者による基調講演が行われました。第二部の一般講演では、これまでCCSEが推進してきた原子力耐震計算科学研究の進捗状況と、2007年度より5年計画として開始した科学技術振興機構主催の「戦略的創造研究推進事業(通称CREST)」の耐震計算科学研究(研究代表者:東京大学 吉村教授)の中間成果を報告しました。

当センターの西田研究副主幹が発表した耐震健全性評価シミュレーション技術については、「原子力施設の安全性評価技術の高度化に貢献できる重要な技術であり、CRESTプロジェクト終了後も利用可能とし、積極的な開発と産業界の利用を推進していくべき」との評価をいただきました。

【成果】

中越沖地震を被災した東京電力殿柏崎刈羽原子力発電所の原子炉機器の健全性評価データについては、第19回ワークショップで得られた東京電力鞄aの知見に加えて、有限責任中間法人日本原子力技術協会内の委員会SANE(注)が進める健全性分析結果の知見を関係者で情報共有できました。

なお、本ワークショップには、101名(大学(14名)、電力(10名)、独法(7名)、民間(38名)、原子力機構(32名))の参加がありました。

(注)  SANE: Structural Integrity Assessment Committee for Nuclear Components damaged by Earthquake (中越沖地震後の原子炉機器の健全性評価委員会)
http://www.gengikyo.jp/

【講演原稿】

講演原稿はこちらからダウンロードできます。