空白

English >>  原子力機構HP >>  所在地・地図 >>  お問い合わせ >>

研究・業務

河村任期付研究員が第25期可視化情報学会学会賞(技術賞)を受賞しました

システム計算科学センター・高度計算機技術開発室の河村拓馬任期付き研究員は、京都大学の小山田耕二教授、坂本尚久准教授らと共に、「第25期可視化情報学会学会賞(技術賞)」を受賞し、平成26年7月21日に開催された第42回可視化情報シンポジウム総会(場所:工学院大学新宿キャンパス)において表彰されました。

この賞は、可視化分野において顕著な業績をあげた研究者、技術者などを表彰し、可視化技術の発展をはかることを目的とした賞です。学会賞の対象となったのは”High-quality Particle-based Volume Rendering for Large-scale Unstructured Volume Datasets”で、河村任期付き研究員らによる業績が高く評価されたものです。